1. 【調べる】ライブラリー
  2. 【脊柱管狭窄症の本】脊柱管狭窄症克服マガジン「腰らく塾vol.8 2018年秋号」を発売しました!

【脊柱管狭窄症の本】脊柱管狭窄症克服マガジン「腰らく塾vol.8 2018年秋号」を発売しました!

わかさ出版の脊柱管狭窄症専門誌「腰らく塾」の第8弾が本日発売されました。

その気になる中身を特別にご紹介します!

超簡単!激痛・しびれ・こむら返りが続々解消の「新ひざ裏のばし」

今回の腰らく塾では今話題の「ひざ裏のばし」を大特集!
実はこの「ひざ裏のばし」は狭窄症の患者さんたちにもピッタリの運動なんです。

狭窄症の患者さんには「太ももやふくらはぎの筋肉が硬直している」という共通点があります。
この硬直が原因で、痛みやしびれが強く現れたり、こむら返りが起こったり、足腰の動きが制限されたりするのだそう。つまりひざ裏の硬直こそ、狭窄症の激痛・しびれの隠れ原因なのです。

そんな硬くなったひざ裏を柔らかくするのにピッタリの方法が「ひざ裏のばし」です。
「腰らく塾vol.8秋号」では、専門医の先生方がひざ裏のばしについて詳細解説!
ひざ裏のばしを行って実際に狭窄症の激痛やしびれが改善したり、長く歩けるようになったり、体がとても柔らかくなったりした人たちの驚きの体験談も多数紹介しています!

ぜひ腰らく塾を読んで、ひざ裏のばしを体験してみてください!

足裏のしびれがぐんぐんよくなる「血行倍増ツボ」

さらに、腰らく塾では、押すだけで血行が倍増する「究極のツボ」も紹介しています!

脊柱管狭窄症の患者さんで足裏のしびれ・違和感に悩む人は、血行が悪くなっていることが多いそうです。

そんな血行不良を改善するのが、今回紹介する「足裏の血行倍増ツボ」です!
このツボをたった1分押すだけで、脊柱管を通る神経の血行がよくなり、痛みやしびれ、こま切れにしか歩けなくなる間欠性跛行まで改善する人が多くいるそうです。

みなさんも「究極のツボ」を押して、つらい痛みやしびれの改善をめざしませんか?

背骨のねじれを正して治す「寝るだけ整体」を紹介

狭窄症の痛みやしびれに悩む人は、姿勢が前かがみになりやすく、背骨が大きく曲がっている傾向にあります。みなさんも心当たりがあるかもしれません。

実際に狭窄症の患者さんの背骨を触ってみると、前後左右斜めに傾いたりねじれたりして、複雑にゆがんでいることが多いといいます。そうなると、ただ背すじを伸ばして姿勢をよくしようと意識しても、なかなか改善できません。

そこで今回腰らく塾で紹介しているのが、「寝るだけポール整体」。やり方はとても簡単で、ポールの上に寝て簡単なストレッチをするだけ!このストレッチを行うと、骨格を取り巻く筋肉が柔らかくなって、背骨が本来ある位置に戻りやすくなります。

家にポールがない人もご安心ください!誌面では、バスタオルで作るポールの作り方も紹介しています。ストレッチのやり方も写真つきでくわしく解説しているので、ぜひご覧ください。

女優・沢田亜矢子さんの脊柱管狭窄症闘病記をはじめ、そのほかも内容盛りだくさん!

●巻頭特集 ひざ裏のばしで狭窄症を改善!女優・沢田亜矢子さんインタビュー

●マンガ「脊柱管物語」

●専門医がズバリ回答!本当に治る?危険はない?主治医に聞きたくても聞けない「手術の疑問20」

など、ここでは紹介しきれない内容が満載です!

ご購入は、お近くの書店または通信販売にて。
電子書籍なら、いつでもどこでもお得に購入できます。
※本の画像をクリックすると、くわしい本の情報がご覧になれます。

thumbnail.jpg
●脊柱管狭窄症克服マガジン 腰らく塾vol.8 2018年秋号
・腰らく塾の情報はこちらから
http://wks.jp/publication/koshiraku/

・電子書籍は、こちらからご購入ください
Kindle(amazon)の電子書籍ページ







●脊柱管狭窄症をいちから知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう