1. 【集う】体験記・症例紹介
  2. 運動療法の症例報告
  3. 【症例報告・ROM体操】ひざ関節・足首・足指の動きがよくなり狭窄症の手術もキャンセルできた

【集う】体験記・症例紹介

【症例報告・ROM体操】ひざ関節・足首・足指の動きがよくなり狭窄症の手術もキャンセルできた

著者:清水整形外科クリニック院長 清水伸一

「体験談・症例報告」では、本サイトで紹介する自力改善方法で、実際に脊柱管狭窄症の症状が回復した人の体験談や症例報告を紹介します。
ここでは、「ROM体操」を行って、症状が改善した瀬古晴子さん(73歳・仮名)の症例を清水伸一先生が紹介します。


●ROM体操のやり方については、下の記事をご覧ください。

ギックリ腰から悪化し足に強いしびれで歩行が困難になった

東京都に住む瀬古晴子さん(73歳・仮名)は、若いころから何度となくギックリ腰をくり返してきました。毎年1~2回、多いときは年5回も起きたそうです。
そんな瀬古さんの腰に、さらなる異変が現れたのは3年前のこと。腰から右足のふくらはぎにかけて、強いしびれが現れたのです。ちょっと体を動かしただけで、右足がビリビリとしびれ、腰の鈍痛が続くようになりました。
かかりつけの整形外科で検査を受けた結果、腰部脊柱管狭窄症と診断された瀬古さん。ギックリ腰のときと同じく、安静にするよう医師から指示を受けました。しかし、安静を心がけても症状は改善せず、右足のふくらはぎに針が刺さるような痛みが広がり、歩行が困難になったといいます。瀬古さんは手術を受けようと決心し、専門医のいる大病院の整形外科に診療の予約を入れました。
予約は3ヵ月後に決まりましたが、手術を受けられるのはもっと先だったので、その間、当クリニックで運動療法を受けることにしたのです。

痛みが大幅に改善し足の安定性もアップ

瀬古さんは、前かがみ姿勢がクセになっており、ひざ関節・足首・足指がこわばって動きにくい状態でした。
そこで、意識的に背すじを伸ばすことと、ひざ関節・足首・足指の可動域(動く範囲)を広げて関節の動きを柔軟にするROM体操を指導し、自宅で行ってもらいました。
瀬古さんは背すじを積極的に伸ばすようにし、ひざ関節・足首・足指のROM体操を、昼食後と、夜の入浴前にそれぞれ5回ずつ行ったといいます。
1ヵ月後の再診では、腰痛の軽快を確認しました。
その後も、根気強くROM体操を続けた瀬古さん。薄皮をはがすように右足の痛みが少しずつ和らぎ、一度に歩ける距離も、200m、300mと延びていったそうです。
5ヵ月後には、左右のひざ関節の動きがよくなり、足の安定性がアップ。右足の痛みも大幅に改善し、瀬古さんは予定していた手術をキャンセルしました。
今では腰痛が完全に消失。右足の痛み・しびれは残っていますが、5分の1程度に軽減しました。杖を使えば、歩行に問題はないそうです。

・記事の内容は安全性に配慮して紹介していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して専門医にご相談ください。
・医療機関にて適切な診断・治療を受けたうえで、セルフケアの一助となる参考情報として、ご自身の体調に応じてお役立てください。
・本サイトの記事は、医師や専門家の意見や見解であり、効果効能を保証するものでも、特定の治療法・ケア法だけを推奨するものでもありません。

出典

腰らく塾_Vol.4_表1(epub).jpg●脊柱管狭窄症克服マガジン 腰らく塾vol.4 2017年秋号
http://wks.jp/koshiraku004/

電子書籍はコチラから!

●脊柱管狭窄症をいちから知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。



【集う】体験記・症例紹介の記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!しよう