1. 【集う】体験記・症例紹介
  2. 【中国式狭窄症体操・腰眼ゆらし】左腰から足裏の鈍い坐骨神経痛としびれが、1ヵ月で改善

【中国式狭窄症体操・腰眼ゆらし】左腰から足裏の鈍い坐骨神経痛としびれが、1ヵ月で改善

著者:東京中医学研究所所長 孫維良

4000年の歴史を誇る中国伝統医学(中医学)をもとに孫維良先生が考案した「腰眼ゆらし体操」。
職場や外出先でもすぐに試せるこの体操を行って腰痛・坐骨神経痛などの症状が改善された患者さんの実例を、孫維良先生に紹介してもらいます。


●腰眼ゆらしについては、以下の記事でくわしく解説しています。
脊柱管狭窄症の人は、整形外科での治療を受けつつ、セルフケアの一環として試してみてください。

満員の通勤電車で腰の激痛が起こった

東京都に住む会社員の内田実さん(52歳・仮名)は、デスクワークが中心で、以前から腰の重だるさを感じていました。

2年前のある朝、満員電車で立っていたら不自然な体勢になってしまい、腰の左側から足裏にかけて激痛が走りました。あまりの痛みに途中下車をして、近くの整形外科に駆け込んだそうです。レントゲン撮影をしたところ、椎間板(背骨の軟骨組織)が変性していて、脊柱管狭窄症に伴う坐骨神経痛の疑いが強い、といわれました。

幸いにも、左腰から足裏にかけての激痛は数日で治まりましたが、鈍痛としびれが残ったのです。その後、内田さんは通院治療を続けました。内田さんの場合は、処方された鎮痛薬と湿布薬などでも改善せず、腰の鈍痛としびれが続いていたそうです。
そんな内田さんが、会社の同僚の紹介で私が開設している施術院を訪れたのは、昨年10月のことでした。

始めて1週間で腰の重だるさが軽快

内田さんは、できればセルフケアも実践して腰痛を改善したいといいます。私は内田さんに、自宅でできる運動療法として、腰痛の特効ツボ「腰眼」を押しながら行う中国式狭窄症体操「腰眼ゆらし」をすすめたのです。

腰眼ゆらしを試してもらうと、腰をやや後方にそらしたときに痛みが出るといいます。そこで、無理のない範囲で前後屈をゆっくりした動きで続けてもらったところ、内田さんの動きが徐々にスムーズになってきました。
内田さんに聞くと、腰が動かしやすくなっただけでなく、痛みやしびれ、重だるさも軽くなった気がするというのです。

私は、坐骨神経痛の改善には、腰眼ゆらしに加えて、補助体操である「お尻上げ」と「ひざ倒し」も併せて行うといいと話し、時間のあるときに行ってもらいました。
内田さんは、朝晩、腰眼ゆらし・お尻上げ・ひざ倒しを行いました。立った姿勢でできる腰眼ゆらしは、仕事の合間にも行ったそうです。すると、腰眼ゆらしを始めて1週間ほどで、腰の重だるさが大幅に和らいだのです。そして、1ヵ月後には、腰の鈍痛やしびれをほとんど感じなくなったといいます。

内田さんは現在、腰痛の不安がなくなり、軽快に歩くことができているそうです。

・記事の内容は安全性に配慮して紹介していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して専門医にご相談ください。
・医療機関にて適切な診断・治療を受けたうえで、セルフケアの一助となる参考情報として、ご自身の体調に応じてお役立てください。
・本サイトの記事は、医師や専門家の意見や見解であり、効果効能を保証するものでも、特定の治療法・ケア法だけを推奨するものでもありません。

出典

●脊柱管狭窄症克服マガジン 腰らく塾 Vol.4 2017秋号
http://wks.jp/koshiraku004/

●脊柱管狭窄症をいちから知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう