1. 【知る】ニュース&トピックス
  2. 脊柱管狭窄症おすすめレシピ(食べ物)
  3. 【狭窄症対策レシピ】スイカの皮入り絶品あんかけ焼きそば

【知る】ニュース&トピックス

【狭窄症対策レシピ】スイカの皮入り絶品あんかけ焼きそば

著者:清水整形外科クリニック院長 清水伸一

ここでは、スイカの皮を使った「狭窄症対策レシピ」を紹介!

今回紹介する料理は「スイカの皮入り絶品あんかけ焼きそば」です。カルシウムを多く含むコマツナも入っているので、骨の強化にも役立ちます!

●スイカについてくわしく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

材料(2人分)

●焼きそば用蒸し麺…2玉
●豚肉…160グラム
●ハクサイ…100グラム
●コマツナ…1/4束
●ニンジン…40グラム
●スイカの皮…40グラム
 赤い実の部分を先にカットし、外側の緑色の皮をピーラーでむいてください。
●シメジ…1/4パック
●ショウガ…1かけ
●ゴマ油…大さじ2
●塩・コショウ…少々

[A]
●水…1カップ
●砂糖…大さじ1
●オイスターソース…大さじ2
●しょうゆ…大さじ1
●片栗粉…大さじ1

作り方

① ショウガはみじん切りにし、豚肉は1口大に切って塩・コショウをまぶす。
② ハクサイは一口大のそぎ切り、コマツナは3cmのざく切り、スイカの皮とニンジンは薄い短冊切りにする。
③ 豚肉を色が変わるまで炒め、スイカの皮とニンジンを加えてしっかり炒める。さらに、ハクサイ、コマツナ、シメジを加えてサッと炒める。
④ 別のフライパンで焼きそば用の蒸し麺をほぐし、こげめをつける。ショウガのみじん切りとゴマ油を入れて中火でじっくり炒める。
⑤ 鍋で[A]の材料をよくまぜてひと煮立ちさせ、塩・コショウで味を調える。
⑥ お皿に麺を盛りつけて③を加え、⑤のあんかけをかける。

・記事の内容は安全性に配慮して紹介していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して専門医にご相談ください。
・医療機関にて適切な診断・治療を受けたうえで、セルフケアの一助となる参考情報として、ご自身の体調に応じてお役立てください。
・本サイトの記事は、医師や専門家の意見や見解であり、効果効能を保証するものでも、特定の治療法・ケア法だけを推奨するものでもありません。

出典

表紙vol.7.jpg
●脊柱管狭窄症克服マガジン 腰らく塾vol.7 2018年夏号

・腰らく塾の情報はこちらから
http://wks.jp/publication/koshiraku/

・電子書籍は、こちらからご購入ください
Kindle(amazon)の電子書籍ページ

●脊柱管狭窄症をいちから知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう