【知る】ニュース&トピックス

【狭窄症対策レシピ】特製豚角煮

著者:ヒロ整形クリニック 院長 勝野浩

ここでは、勝野浩先生おすすめの「エラスチン」を多く含んだ食材を使った「狭窄症対策レシピ」を紹介!
腰部脊柱管狭窄症の人は、靱帯の柔軟性を保つのに重要なエラスチンを積極的にとりましょう!!

今回紹介するのは、「特製豚角煮」です。

エラスチンについては、以下の記事をご覧ください。
【狭窄症対策レシピ】筋肉と骨を強めるのに役立つ[ケルセチン]たっぷりタマネギ絶品レシピ

材料(2人分)

●豚バラ肉(塊) … 300g
●酒 … 100ml
●ショウガ … 1片
●砂糖 … 大さじ2
●しょうゆ … 大さじ2
●ゆで卵 … 1個
●油 … 適量

作り方

①ショウガは皮つきのまま薄切りにしておく。
②豚バラ肉を鍋に入れ、かぶるくらいの水を注いで、①を加える。最初は強火、煮立ったらあくをすくって火を弱め、肉が浮かないように落としブタをして1時間ほど煮たら冷ます。
③②の豚バラ肉を取り出し、4等分に切る。そのあとフライパンに油を熱し、焼き色をつける。
④③を鍋に入れて酒を注ぎ、肉がかぶるくらいまで水を入れる。砂糖・しょうゆを加えて火にかけ、竹串がスッと入るようになるまで30分以上煮る。途中でゆで卵も入れていっしょに煮る。

・記事の内容は安全性に配慮して紹介していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して専門医にご相談ください。
・医療機関にて適切な診断・治療を受けたうえで、セルフケアの一助となる参考情報として、ご自身の体調に応じてお役立てください。
・本サイトの記事は、医師や専門家の意見や見解であり、効果効能を保証するものでも、特定の治療法・ケア法だけを推奨するものでもありません。

●脊柱管狭窄症をいちから知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。


脊柱管狭窄症おすすめレシピ(食べ物)の記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!しよう