1. 【調べる】ライブラリー
  2. 雑誌・ムック
  3. 【脊柱管狭窄症の本】「Dr.清水式 脊柱管狭窄症ベスト体操ハンドブック」が発売されました!

【調べる】ライブラリー

【脊柱管狭窄症の本】「Dr.清水式 脊柱管狭窄症ベスト体操ハンドブック」が発売されました!

本サイトでもさまざまな体操やリハビリ、狭窄症の情報などを提供している清水整形外科クリニック院長・清水伸一先生の新著「Dr.清水式 脊柱管狭窄症ベスト体操ハンドブック」がわかさ出版から発売されました。
この記事では、その気になる内容を少しだけご紹介します。

さらに発売を記念して、誌面で紹介している2つのリハビリ・ストレッチを動画つきで紹介していますので、そちらもご覧ください。
【実演動画つき】間欠性跛行と腰痛で歩けない緊急時に役立つ2つのお守りストレッチ
000.png

初めて狭窄症と診断された人も安心

「脊柱管狭窄症って何?」という人にもわかりやすいように、脊柱管狭窄症の基本情報から網羅しています。
タイプ別の原因や特徴はもちろん、お医者さんでは聞きにくい脊柱管狭窄症のくわしい情報を一から清水先生が解説しているので安心です。

清水先生考案!痛み・しびれに効く特効体操が満載

今まで3000人以上の狭窄症の患者さんを診てきた清水先生は、狭窄症の痛みやしびれに特効のさまざまな運動を考案してきました。そんな、脊柱管狭窄症の患者さんが一番知りたい狭窄症に特効の体操・リハビリ・ストレッチをたくさん掲載しています。ぜひ、自分にあった運動を見つけて狭窄症克服に役立ててください。

家事や運転など狭窄症で困る場面を徹底ケア

いつなん時痛みやしびれが襲ってくるか分からない狭窄症は、本当に困ったものです。本誌では、家事や移動、階段の上り下りなど、生活の場面にあわせた症状の対処法を掲載。みなさんが安心して生活できる狭窄症対策が盛りだくさんです。

「Dr.清水式 脊柱管狭窄症ベスト体操ハンドブック」は絶賛発売中です

46_狭窄症ブック_epub.jpg●わかさ夢MOOK46 Dr.清水式 脊柱管狭窄症ベスト体操ハンドブック
http://wks.jp/mook046/

「Dr.清水式 脊柱管狭窄症ベスト体操ハンドブック」では、脊柱管狭窄症の患者さんの診察数3000名以上の名医・清水伸一先生(埼玉県 清水整形外科クリニック院長)が、これまでの治療経験から考案したさまざまな自力改善の体操・リハビリ方法を惜しみなく紹介!脊柱管狭窄症はなぜ起こるのか、それにはどう対処したらいいのか、多くの読者が悩む解決方法を掲載しています。「手術はしたくない」「症状が悪化する一方」「近くに良いお医者さんがいない」などの悩みを持つ方は、いますぐ書店にてお求めください。


●脊柱管狭窄症をいちから知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。



この記事が気に入ったらいいね!しよう