1. 【集う】体験記・症例紹介
  2. 運動療法の症例報告
  3. 【症例報告・ネコ伸び体操】すべり症から狭窄症へ進んだ足腰の強い痛み・しびれがネコ伸び体操で和らぎ再び歩けた

【集う】体験記・症例紹介

【症例報告・ネコ伸び体操】すべり症から狭窄症へ進んだ足腰の強い痛み・しびれがネコ伸び体操で和らぎ再び歩けた

著者:清水伸一

脊柱管狭窄症の症状を自力で改善させた方々の「体験談・症例報告」。
「ネコ伸び体操」を行って、症状が改善した元島弓子さん(仮名・62歳)の症例を清水伸一先生が報告してくれました。

腹筋、背筋をすすめられたが腰痛は改善せず

主婦の元島弓子さん(仮名・62歳)は、40代のころに起こったギックリ腰がきっかけで、ひどい腰痛持ちになりました。針灸治療やリハビリを続けてきましたが、58歳のときに右下肢痛が生じ、腰椎変性すべり症と診断を受けました。
整形外科医から腰痛改善のために腹筋と背筋を鍛える運動療法をすすめられ、毎日続けましたが、逆に腰痛が悪化してしまいました。
それを医師に訴えても「根気強く続けるように」というばかり。しだいに、病院から足が遠のいた元島さんは、翌年になると、右下肢に激しい痛みとしびれが生じるようになり、100m歩くごとにうずくまるようになってしまったのです。
整形外科を再受診すると、腰椎変性すべり症が悪化して、腰部脊柱管狭窄症に進行していました。下肢の痛みとしびれは悪化するばかりで、20分も立っていることができなくなり、毎日の家事にも支障が出るようになってしまったといいます。
そのため元島さんは、私のクリニックに相談にきたのです。

全身の硬直を取り体幹を鍛える

初診のときの元島さんは、前かがみ姿勢で腰が曲がり、ネコ背に加えてストレートネックにもなっていました。背骨や骨盤の傾きにも異常が認められ、背中からお尻、太ももにかけての筋肉が、ガチガチに硬直していたのです。そこで私は、元島さんの腰痛は、まず全身の硬直を取ることが肝心であり、同時に背骨と骨盤をサポートするために体幹を鍛えることの重要性を説明しました。
具体的には、朝起きたときに硬直した腰を手でよくもんでほぐすように伝えました。
そして、四つんばいになって背骨を上下に動かす「ネコ伸び体操」をするように指導したのです。
当初は、こんなに簡単な運動で脊柱管狭窄症が改善できるのかと半信半疑だった元島さんですが、1カ月間続けると、腰・背中・お尻・太ももの裏側の痛みが一挙に和らぎ、全身がポカポカと温まるようになったといいます。
3カ月後には、朝の腰の硬直が取れてスムーズに動かせるようになり、痛みもずいぶんらくになりました。
そして、以前は30分以上かかっていたスーパーへの買い物も、15分程度で行けるようになったそうです。元島さんは、「歩けることの喜びをかみしめている」と話してくれました。

※記事の体験談・症例報告はあくまで個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。
※記事で紹介している健康法は、専門家の監修のもと安全性に配慮して紹介しておりますが、効果には個人差があり、すべての人に当てはまるわけではありません。また、万が一体調が悪化するなどの場合はすぐに中止して医師にご相談ください。


狭窄症Part02_cover.png出典:わかさ夢ムック13 脊柱管狭窄症に絶対勝つ!新研究で続々わかった!あっと驚く自力克服道場パート2
http://wks.jp/mook013/
著者:清水伸一

●脊柱管狭窄症をいちから知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。


【集う】体験記・症例紹介の記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!しよう