【知る】ニュース&トピックス

【狭窄症克服レシピ】鶏手羽先スープ

著者:勝野 浩

ここでは、勝野浩先生おすすめの「エラスチン」を多く含んだ食材を使った「狭窄症克服レシピ」を紹介!
腰部脊柱管狭窄症の人におすすめしたい、靱帯の柔軟性を保つのに重要なエラスチンを積極的にとりましょう!!

今回紹介するのは、「鶏手羽先スープ」です。

エラスチンについては、以下の記事をご覧ください。
【狭窄症克服レシピ】勝野先生監修・靱帯の弾力を保つ「エラスチン」増強レシピ

材料(2人分)

●鶏手羽先 … 4本
●ジャガイモ … 大1個
●ニンニク … 2片
●赤トウガラシ … 1/2本
●ホールトマト … 1/4缶
●スープ … 500ml
●塩・コショウ … 各少々
●オリーブ油 … 大さじ1
●油 … 適量

作り方

①鶏手羽先は関節で切り、骨のきわに沿って切り込みを入れる。フライパンに油を熱し、両面をこんがり焼いて取り出しておく。
②ジャガイモは皮をむいて4等分に切る。
③ニンニクは薄切りにし、赤トウガラシは種を除いて小口切りにする。
④鍋にオリーブ油と③を入れ、弱火でゆっくり炒めてから、ホールトマトとスープを加え、①と②を入れて煮込む。ジャガイモに火が通ったら、塩・コショウで味を調える。



●脊柱管狭窄症をいちから知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。


脊柱管狭窄症おすすめレシピ(食べ物)の記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!しよう