1. 【調べる】ライブラリー
  2. 雑誌・ムック
  3. 【脊柱管狭窄症の本】脊柱管狭窄症克服マガジン「腰らく塾 vol.3 2017年夏号」が発売しました!

【調べる】ライブラリー

【脊柱管狭窄症の本】脊柱管狭窄症克服マガジン「腰らく塾 vol.3 2017年夏号」が発売しました!

わかさ出版の脊柱管狭窄症専門誌「腰らく塾」の第3弾!
待望の脊柱管狭窄症克服マガジン「腰らく塾 vol.3 2017年夏号」が本日発売しました。

気になる内容を少しだけご紹介します!!

巻頭インタビューは、教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹さんです

TVや雑誌などで活躍する「尾木ママ」こと尾木直樹さんも、脊柱管狭窄症で悩んだ患者さんの一人。
一時期は、箸がうまく使えないほど悪化し、生活もままならないほどだった尾木さんが行ったマル秘体操とは?
気になるインタビューの内容は、ぜひ誌面でご確認ください。

第1特集は、今話題の「背骨コンディショニング」を特集!500人以上が手術を回避した特効ケアを大公開します!!

脊柱管狭窄症を改善する、キモは「背骨」にあった!30万人が実践する「背骨コンディショニング」を4ステップで徹底解説。
500人以上が手術を回避した最強メソッドは必見です!!

第2特集は、狭窄症の人が多く悩む「足裏のしびれ・違和感」に特効の「足の薬指引っぱり」

続いての特集は、足裏しびれ・脱力感のある脊柱管狭窄症の患者さんにおすすめしたい「足の薬指引っぱり」です。
足裏のしびれや脱力感に困っている人は、ぜひご一読ください。「足の薬指引っぱり」は、間欠性跛行の改善例も多数で、歩ける距離がどんどん伸びる専門医推奨の簡単ケアです。

第3特集は、カリスマ中医師が教える「狭窄症にズバリ効く1点ツボ治療地図」です

脊柱管狭窄症の症状は、腰・お尻・太もも・足などの部位が人それぞれで異なります。そこで、この特集では、部位別に効くツボ(経穴)マップを紹介。
解説するのは、有名人が多数通う東京中医学研究所の孫維良先生。押すだけで、痛み・しびれがスッと引く脅威の特効ツボで、狭窄症もたちまち改善!

第4特集は、首の脊柱管狭窄症に特効!「頸椎リセット体操」の特集です

腰らく塾では、ますます患者数が増えている「首の脊柱管狭窄症」にも注目。そこで、第4特集では、首の脊柱管狭窄症の原因「まっすぐ頸椎」を正す「頸椎リセット体操」を大公開します!

連載や特別企画なども充実の内容です

そのほか、
●荻原博子先生の「家計簿診断」
●吉原潔先生の「狭窄症の薬A to Z 筋弛緩薬」
●加茂淳先生が解説する「トリガーポイント療法」
●狭窄症の夏の食養生「エラスチン増強レシピ」
●家族のサポート「狭窄症でも安心・安全に外出できる【サポート術①歩行介助編】」
など、今号もあらゆる視点から狭窄症の改善に迫ります!

ご購入は、お近くの書店または通信販売にて!
電子書籍なら、いつでもどこでもお得に購入できます。
※本の画像をクリックすると、くわしい本の情報がご覧になれます。

kosiraku_001.jpg●脊柱管狭窄症克服マガジン 腰らく塾 vol.3
●2017年6月5日発売
●870+税円 ※電子書籍版(税込み900円)

この記事が気に入ったらいいね!しよう