【知る】ニュース&トピックス

【狭窄症克服レシピ】ショウガ入り六宝丼

著者:石原 新菜

ここでは、石原新菜先生おすすめの酢ショウガを使った「狭窄症克服レシピ」を紹介!
紹介するのは「ショウガ入り六宝丼」です。


●ショウガの効果について
知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。

材料(2人分)

●ショウガ … 20g
●ハクサイ … 200g
●ニンジン … 50g
●長ネギ … 1本
●エビ … 6尾


●鶏ガラスープの素 … 小さじ1少々
●油 … 大さじ11/2
●片栗粉 … 大さじ1
●水 … 300mlと大さじ1
●ご飯 … 適量

[ A ]
●酒・ゴマ油 … 各小さじ1
●片栗粉 … 小さじ1/2
●塩・コショウ … 各少々

作り方

①ショウガはスライスし、ハクサイ、ニンジン、長ネギを食べやすい大きさに切る。エビはカラをむいたら背に切り込みを入れて背ワタを除き、[A]とボウルで合わせもみ込んでおく。
②フライパンに油大さじ1/2分を引いて中火にかけ、①のエビを焼く。
③残りの油を加えて野菜類をすべて加え、全体に油が回るように手早く炒める。水300ミリリツトルと鶏ガラスープの素と塩を加えて煮立て、3分ほど煮る。片栗粉と水大さじ1分をボウルで合わせた水溶き片栗粉を入れて、とろみをつける。
④丼にご飯をよそい、③をかける。

出典

腰らくVol.5表紙_epub.jpg●脊柱管狭窄症克服マガジン 腰らく塾vol.5 2018年冬号
・腰らく塾の情報はこちらから
http://wks.jp/publication/koshiraku/

・電子書籍は、こちらからご購入ください
Kindle(amazon)
●脊柱管狭窄症をいちから知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。
脊柱管狭窄症おすすめレシピ(食べ物)の記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!しよう